FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

HYPER CRAZY 4

COAT WEST、LUCINA作品中心の感想置き場です。現在、裕太メインに更新中。

「TRAP HOLE 01」<裕太パート>初見感想・印象・見所について。 

えー…今、裕太パートを観終わったところなんですが。
もうね、なんとも言えない気持ちでどうしましょうかね…(;^_^A

いきなりネガティブな話になっちゃうんですけど…
本当はこんなこと言いたくないんですけど…
作られた側の方々にはとっても申し訳ないんですけど…
ショック過ぎたのでとりあえず正直に書かせていただきますね。
結構ボロクソに言ってしまっているのでお気をつけください(;^_^A

裕太はすごく良かったですよ。
自分が思っていた以上に頑張ってくれてました。
お芝居も以前の棒読み的な不自然さは一切気になりませんでしたし
口から出てくるセリフすべてが「きゃー( ´艸`)」な感じで表情も良かったですし。
ただ、相手役のスタッフさんが…。

サンプル観た時点で嫌な予感がなかったかと言えば嘘になります。
「そうじゃなかったらいいな」という願いも込めて、あえて表に出さずにいたんですが
やっぱりそんなことしても事実は変わりませんよね(笑)。

一言で言えばちょっとナヨナヨ系と言いますか
全体的に「この方はウケ寄りの方なんじゃないのかな?」と
思わずにはいられなかった感じの方と言いますか…(;^_^A

いいように取ろうと思えば、そういう雰囲気も喋り方も声も
「ストーカー」という「気持ちの悪い役」というイメージと合わせれば
「ちょうどいい」みたいな捉え方もできるのかもしれませんが
とにかく「攻め」の要素が「0」なんですよね。
かと言って責め方がねちっこくてエロい系というわけでもなく…(;^_^A

「拉致・監禁」なんてすごいことした割に
「ハード」と感じるような攻めは一切ありませんし
腰フリは終始スロー&ソフト…。
(騎乗位で裕太が主導だったシーンが一番激しかったぐらいな印象。
 こんな意味で「騎乗位があってくれて良かった」なんて思ったこと初めてです(苦笑))

「まだ撮影に慣れていないから仕方がない」と言われたらそれまでなんですが
これまでの絡み要員のスタッフさん達と比べてしまうと、今までになく酷い感じと言いますか…(;^_^A

あとはキスシーンや普段の絡みのような前戯シーンもありませんし
「かわいがられている裕太」的な表現のシーンも特にありませんので
これからご覧になる方はいっそのことその辺りのことには一切期待しないで
割り切ってご覧になった方がもしかしたら楽しめるんじゃないかな?と。

ノンケモデルさん相手の絡みではなかなか観ることができない行為もありました。
もしかしたら自分が期待しすぎていたのかもしれません。
でもそれらを差し引いてもまだ絡みだけに関してのことだけ言えば
「初○○」のノンケモデルさんとの絡みの方が
遥かに見応えはあるんじゃないかと思ってしまうほどでした。
「責め」に関してはとにかく全体的に物足りないんです(;^_^A

裕太の方が頑張っている分、観ようによっては
裕太の方が浮いてしまっているような印象を受けることも否めませんし
お相手がもうちょっといろいろなことが上手な方だったら
相乗効果で裕太も更に良い感じに観えていたかもしれない…等々。
考え出してしまうとキリがないですし、考えても仕方がないことなんですが
こんな自分が観たい設定の絡みが観られるチャンスはもう2度とないんだろうなと思うと
「言いたい事言うぐらいは許してください」というのが正直な気持ちです(苦笑)。

裕太の絡みパートを観てこんなにがっかりしたのは初めてじゃないかな?ぐらいな感じで
「意気消沈」とはまさにこのことかと…(´Д`;)
そんな感じなので、益々大きくなりましたね。
裕太にはまだまだ辞められたら困ります。
…という気持ちが(苦笑)。

ただ、何度か観たらまた印象が変わることもあるかもしれませんし
これはあくまで「めちゃくちゃ期待して初めて観た結果がっかりした話」だと思ってください(;^_^A

それでは気を取り直して良かったポイントについて書きますね。

冒頭の、裕太が拉致されてから性奴隷になってしまうまでの過程。
「どう表現するんだろう?」と以前の記事にも書いていましたが
「おお、なるほど~…」と何度も呟きながら観てしまいました。
こんな言い方したら逆に失礼になってしまいますが
見せ方が良かったというか、編集の仕方が上手かったというか
想像していたよりもちゃんとしていて感心してしまいました。

もしかしたらちょっとグダグダな感じで誤魔化してしまっているとか
もしくはバッサリいってしまっているとか…なんて思ってたんですけどね(苦笑)。
最初のストーカーが裕太の後をつけたり、行動を観察したりしているシーンの撮影の仕方も
想像以上に凝っていて「おおー…」と思いましたしね。

でもやっぱり何よりすごいと思ったのはやはり裕太の演技です。
監禁初期のひたすら反抗的な状態から
クスリ漬けにされてすっかり従順になってしまった状態までの
変化とメリハリの付け方が上手くてびっくりしました。
カットが変わるたびに、ちゃんと段階を踏んで
状態がおかしくなっていってる感じの表現が想像以上に自然で上手いんですよ。

完全に性奴隷になってしまった状態のシーンを観ていて
「本当に媚薬系のクスリでも使って
 おかしくなっちゃってるんじゃないの?ヽ(;´ω`)ノ」

なんて、思ってしまいそうになる自分に驚いたぐらいすごかったですね(苦笑)。

でも本当に、体の状態、表情、声の出方、息継ぎの仕方…全てにおいて
何らかのスイッチが入ってしまっていたんじゃないか?
という感じに観えてきてしまいます。
個人的には裕太が従順を通り越して積極的になってくる直前(首輪が付く直前)辺りの
従順+虚ろ(病的)な描写もかなり気に入ってるんですけど
(「白シャツを着たまま」っていうのがまたいいんです)
裕太が「完全体(?)」になってからの終始目が虚ろなあの感じも自分の趣味的にはたまらないです。

セリフに関しても、どこまでが台本に書かれているのかわからないですけど
ほんとに「ひゃー(/ω\)」っていう自分の声でセリフが聞こえなくなるほど
普段はなかなか聞けないようなドエロかわいいフレーズが
裕太の口からポンポンポンポン飛び出してきて
「ああ、もう、どうしましょ~ヽ(;´ω`)ノ」な状態になりました。
基本、丁寧語で喋ってるのが時々タメ口になる感じも「思わず」な感じでよかったですし
後は自分が大好きな「ダメダメダメ…」が久々に聞けて嬉しかったです( ´艸`)

とにかく、いつの間に、どんなきっかけでこんなにお芝居が上手くなっちゃったの?と。
ひたすら思いながら観てしまうほど裕太が素晴らしくて。
本当に終始、裕太の意思でそう動いて、裕太の意思でそう喋っているようにしか
観えないし聞こえないんです。そのぐらいハマっていたし自然でした。
「Romance2」時の状態をちょっとでも心配していた自分がほんとバカみたいです(笑)。

あとは肝心な本番シーンのことで言えば
サンプルには出てこなかった(はずの)、騎乗位があって得した気分になりましたね。
流れとしては、正常位→バック→騎乗位→正常位、です。
騎乗位が始まってすぐの辺りのアングルというか寄り方?がすごいです。
うわ、こんなに見えちゃっていいのかしら的な意味で(笑)。
あとは…責め方に関しては前半で書いた通りなので
自分的には裕太の反応で楽しむしかない感じですね…。

先ほど、責め方に関してはノンケモデルの方がましと書きましたが(;^_^A
裕太の責められ方+反応に関してはやっぱり相手はモデルさんよりもスタッフさんの方が
普段は出していないものまでさらけ出せているという印象はありますね。
でもそれはもしかしたら単に「素」での絡みではなく
「シチュエーションもの」だからだったのかもしれませんけどね(苦笑)。

最後に。
前半ではいろいろ酷いことを書きましたが
何度も言うように、裕太に関しては全てが本当に素晴らしいので
従順で積極的でエロエロなウケ裕太を
お求めの方は観て損はありませんよ!(o^-')b


…そういえば、最終カット(オチ的なもの)を観て
ちょっとびっくりしてしまいました。
これを言ってしまっていいのかどうかわかりませんが
昨日アップしたイラストの内容と偶然ちょっと被っちゃってました…ヽ(;´ω`)ノ
(※↑この「昨日アップしたイラスト」なんですが
こちらのブログでは「下書き」の状態になってしまっていて公開できていませんでした(;^_^A
 現在は「公開」の状態になっています。この記事の1つ前の記事です)



レビュー以外のネタ(イラスト、日常のつぶやき、COAT WEST情報等)
HYPER CRAZY NEO

関連記事
スポンサーサイト
[PR]