FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

HYPER CRAZY 4

COAT WEST、LUCINA作品中心の感想置き場です。現在、裕太メインに更新中。

「SKY2」裕太パート<裕太のことが書きたいだけの企画01>帰国子女って… 

♪ぴんぽ~ん

部屋のチャイムの音。

「どぉぞぉ~♪」


SKY2_Y_01a.jpg

冒頭からとても上機嫌風(?)でかわいい裕太。

お相手の姿を確認して表情がまた若干「にっこり」になるのもかわいいんですけど。

SKY2_Y_02.jpg


右手を上げて

「久しぶりぃ~(・∀・)/」

と、立ち上がり
入ってきたお相手の両腕をしっかり掴んで
「待って!待って!」の声も聞かずに
かなり強引な感じでほっぺたやら首やらにキス開始。

SKY2_Y_03.jpg

無理やり引き剥がされて一応一旦離れますが

「なにが?(´∀`)」

と、まったく悪びれていない素振り。

この強引な感じは
具体的に指示されたものなのか
裕太自身の演出なのかはわかりませんが
ヒジョ~にかわいいですね。

「ちょっと、話しようや(*´Д`)=з」
「なにが?(´∀`)」


なんなんだこのかわいい「あほのコ」は。

とりあえずソファーに並んで座ってお話開始。
…は、いいんですが…。

「日本のせいかつ、なれた?(・∀・)」

と、話しかけながらお相手の胸を触り始める裕太。

「うん、だいぶ慣れてきたところ」
「なれた?へぇ~、よかったじゃん(´∀`)」
「うん。…で、今日はあの、こういうんじゃなくて…
(裕太の手をどける)
「うん
(と、言いつつ払われた手とは別の手でまた胸を触り始める)
「話…
(手でガード)
「はなし?(・∀・)
(やっぱり触っている)
「しに…
(手でガード)
「どーしたの?(・∀・)
(やっぱり触っている)
「来たから…
(手でガード)
「うん(・∀・)
(やっぱり触っている)
「えーと…
(手でガード)
「うん(・∀・)
(やっぱり触っている)
「ちょっと1回、触るのやめてもらえる?(苦笑)ヽ(;´Д`)ノ」
「(´∀`)
(一応、一旦引き下がる)

裕太、最初から会話しながらお相手の体を触りまくりです。
お相手がどれだけ必死に話をしていても
その話がまったく耳に入っていないかのように
それはもうとにかく不自然過ぎるほどに触りまくるのです。

一応、相槌を打ってはいるんですが
目線はお相手の顔ではなくほぼ胸元に釘付けだし
手を払われても払われても
シャツの上から胸を撫でたり乳首を触ったり…
行動が会話の内容にまったくともなっていないのです。
その様子というか「徹底振り」のようなものが
面白すぎてかわいすぎて観ていて微笑みが止まらないのです(笑)。

「いや、あのね?」
「うん(・∀・)」
「昔」
「うん(・∀・)」
「つきあってた」
「うん(・∀・)」
「彼氏がいるんだけど」
「日本に?(・∀・)」
「うん」
「うん(・∀・)」
「その人とぉ」
「うん(・∀・)」
「えーと、久しぶりに会ってぇ」
「うん(・∀・)
(またお触り開始)
「そんでぇ、あのぉ、そこで上手いこといってるからぁ」
「うん(・∀・)
(お構いなしで触りまくり)
「こういうこと
(エッチなこと)は…(もう)しないけど」
「…(・∀・)」

ようやくはっきりと用件を言われておとなしくなる裕太。

…と、思いきや。


「彼氏ぃ、できたの?またぁ(・∀・)」
「『また』じゃないけどぉ…(;^_^A」
「よかったじゃん!(´∀`)」
「うん。ありがとう」
「へぇ~…よかったじゃん!(´∀`)」


と、言いながらやっぱりまた胸を触り始め…

「だから…そういうのはもう…」
「へぇ~(・∀・)
(どんどん触り方が激しくなってますよ)
(裕太の手をどけながら)…わかってる?話聞いてる?ヽ(;´ω`)ノ」
「なにが、なにが、なにが?」


と、ようやくちょっとだけ真顔になる裕太。

「いや、話…わかる?」
「ボクもボーイフレンドいるよ?(・∀・)
(やっぱりまた触り始める)

SKY2_Y_04.jpg

「あしたも会うし…」

あほのコ全開。
ここら辺の口調が特にかわいすぎるんです。

「うん。じゃあ…こういうのは…あんまり…」
「でもこういうのスキじゃん。スキだったじゃん…
(ここから先ずっと触ってます)

SKY2_Y_05.jpg

ここまでずっと超強気にひたすら押してたのに
ここで急になんだかちょっとだけしおらしい感じの表情と口調になるところに
「きゅん」となっちゃったりヽ(;´ω`)ノ
それは計算なの?偶然なの?(苦笑)


「いや」
「アメリカじゃスキだったじゃん、こういうの…」
「ま、アメリカでは好きだったけどぉヽ(;´Д`)ノ」
「うん(・∀・)」
「ここ日本だからぁ、そういうのやっちゃダメなんだよ」
「いや、世界はひとつだよ(・∀・)」
「(笑)世界はひとつ…(笑)」

この時のお相手の反応を見るとこの名ゼリフ(?)は裕太のアドリブ?
とも思えるんですけど…実際はどうなんでしょう?


「ひとつだよ(´∀`)
(激しく触りまくり
「ひとつだけどぉ!」
「だいじょうぶ!だいじょうぶ!(・∀・)」
「ひとつだけどここは日本だからぁ!ヽ(;´ω`)ノ」
「だいじょうぶ!だいじょうぶだって…」
「大丈夫じゃないよ…」
「スキだったじゃん…」

と、また急にしおらしくなって

「好きだけど…」
「でしょ…?(´∀`)」


と、胸を触りながら耳にキス開始。

この一旦退いておいての
「でしょ?」への持って行き方とか上手過ぎー(>_<)
あれも台本通りなの?裕太が勝手にやったことなの?
気になる!気になるぅぅぅ~!ヽ(;´Д`)ノ

もうね。なんていうのかなぁ。
最初からここまでの一連の流れ?
強く出るところと退くところがある
波のあるお芝居を上手くリードしていく裕太に関心してしまって。
セリフの言い方は標準語で喋ってるせいもあって
正直若干ぎこちないですけど(;^_^A
でもそれも帰国子女故の?的な「片言喋り」みたいなものと
ちょうど上手く合わさってかわいさを増すことになっていたり。

彼の元々のいい意味でいつもちょっと強引でガツガツしている感じが
いい感じで反映できていた役柄だったんじゃないかなぁーと。
もしもそういうことをすべて計算済みでのキャスティングだったとしたら
スタッフさんの腕がすごいんだと思うんですけどね(笑)。

きっとこの時期の彼(顔つき、体つきなど)だったからこその
「最高のかわいさ」だったところも大きいとは思うんですが
これでついでに「ウケ」だったらなぁ…(苦笑)。

※画像をクリックすると横1000pixelサイズに拡大します。
※縮小サイズと拡大サイズでは見え方がだいぶ異なる場合があります(;^_^A


●COAT WESTネタ全般ブログ HYPER CRAZY WEST
●優人・裕太ネタメインブログ HYPER CRAZY WY


関連記事
スポンサーサイト
[PR]