FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

HYPER CRAZY 4

COAT WEST、LUCINA作品中心の感想置き場です。現在、裕太メインに更新中。

「SUMMER FESTA 2011」感想。 

コトブロで松ぼっくりさんが即レポしてくださったので
いつものレビューと同じく特に印象的だったことだけ書いていきます。
イベントの模様はDVD化が決まっていることですし
うちではざっくりいかせていただきますね(苦笑)。
アップされているものは「レポ」ではなく
あくまで個人的な「感想」ということでよろしくお願いいたします。

最初のモデルさん登場シーンの計10名(9名+裕太)、横1列は本当に圧巻で
とりあえずどこを見てたらいいのか本当にわからなくてめちゃくちゃ困りました(;^_^A

質問コーナー、罰ゲームをかけたクイズゲームは
人数が多いだけに本当に面白くて、そのせいもあってか本当に時間が経つのはあっという間でした。
質問コーナーは2つほど自分が聞いてみたいと思っていた質問が出てきて良かったです~(´∀`)
でもちゃんとレポできるほど1つ1つの質問についてはちゃんと覚えていないので
ここではスルーさせていただきます(;^_^A
とってもおいしい内容だったので、DVD化したら即行復習したいです。

「Who is he?」はモデルさん達の昔の写真を見て
いったい誰の写真なのか当てるゲームだったんですが
渋谷でのイベントの頃からイベントのたびに
「モデルさんの子供の頃の写真が見たいです企画」押しを
個人的にさせていただいてて、諦めた頃の実現だったので
めちゃめちゃ嬉しかったです。やっぱりみんなかわいい~( ´艸`)
ほとんどが「正解を聞いてみれば…」な感じだった中で
一番面影なしだと思ったのは、やっぱり…仁?
裕太も「上手く育って良かったね」って感じでしたが(失礼)。
それにしてもひっかけ問題で出てきた木村クンもかわいかったなー。
特に最初に出てきたフードきっちり被って直立してる
あのダルマさんみたいな全体的に「まぁるい」感じ?
現在の彼とのギャップがすごすぎてインパクト大。
インパクト大といえば邪胃子さんの写真には誰も勝てないか…?(;^_^A
ところであの写真達って本人達が選んで持ってきたんですよね?
そう考えてみるとまた面白いなぁと。
こちらはIDOLチームの勝利。

次の借り物競争(?でしたっけ?(;^_^A)は
最初に優人が「自分が吸っているタバコと同じ銘柄のタバコ」を引いて
そこでまずかなり手こずっていた印象があったんですが
若干イジワル、難関なお題も踏まえつつ
終わってみればまたまたIDOLチームの勝利。

罰ゲームコーナーは「面白さ」で言えばACEチームが負けてやっぱり正解だったかも。
指差しゲームで
杉省・航クンペア、夏川・裕太ペア、市原・邪胃子さんペア
がそれぞれチューすることに。
オチが市原・邪胃子さんペアって出来過ぎでしょ。
笑イノ神ガ降リテ来タ~ヨ~(´∀`)

杉省・航クンペアは当然、航クンがリード役で
割とディープ、割と長目で、ごちそうさまでしたm(_ _ )m
杉省クン、されるがままなところがかわいかった(^ε^)
夏川・裕太ペアは普通に考えたら先輩の夏川クンがリードなんでしょうけど
自らリード役を志願した裕太にびっくり。すごい度胸だ。
未だかつて見た事ないです。あんなに攻める新人さん(笑)。
しかもちゅーは予想してたよりも濃い目で長め。若いって素晴らしい(´∀`)
オチペア(?)は浩ちゃんの逃げ方のマジっぷりが…。
でもどんなに抵抗しても邪胃子さんの力にはきっと敵わないだろうし、やらなきゃ終わらないし(笑)。
邪胃子さん、役得でしたね(´∀`)(?)

シークレット企画。
ALMAZについては、とにかくいろんなことに本当に驚かされました。
事前の情報でシークレット企画で「3人で踊るんだろうな」ぐらいのことはわかってましたけど
グループ用のオリジナル曲がちゃんと出来てて、しかもCDデビューだっていうし(笑)
みんなちゃんと歌詞も振り付けも2曲分覚えてて
「ほとんど練習できてない」って言う割にちゃんと出来てて(笑)
全てにおいて、自分の予想を遥かに上回る「本格的度」の高さで。

「ALMAZ」は、曲自体がもしあの3人が歌っていなかったとしても
聞けば絶対に好きになってただろうなと思うぐらい
曲調、構成、アレンジ…etc 全てが自分の好み的に超どストライクな曲で。
とにかくカッコいい~(^ε^)
後半のファルセットで歌う部分なんかもとってもステキ。
詞も歌っている彼らのこととダブらせて聞くと「ぐっ」と来ます。

「BRND NEW DAY」は仁がなぜかどうしても
「ブラン ニュー デイ」と言ってしまうことに
セルフツッコミしてたとこがお気に入りです(ん?)。

お客さんに曲中の応援レッスン中の奈義、櫂が
最年少の仁に仕切りをまかせっきりな感じがなぜかかわいくみえました。
それにしても本当に仁兄さん、しっかりし過ぎです(褒めてます)。

ALMAZの3人はキャラ、ポジション的に戦隊モノで言えば
レッド=NAGI、ブルー=JIN、イエロー=KAI
なイメージ(笑)。

みんな、歌のレッスンも踊りのレッスンもちゃんとしてたことがあるわけでもないでしょうし
それぞれにちゃんと仕事もしてるのに少ない時間の合間をぬって
ライブのために歌詞を覚えて、フリを覚えて…
この日のために一生懸命やってくれたんだなぁと思うと
やっぱり涙が出そうになりますね。

そういえば。
シークレット企画メイン3人以外のコ達はその時間、舞台裏で見守ってるのかしら?
なんて出発前には書いてましたが
舞台裏じゃなくてしっかり客席側で応援してましたね(・∀・)

握手会。
生で間近で見るみんなとにかくお目々とお肌が超キレイで
キラキラしすぎで眩し過ぎるので
逆にちょっと離れさせてください(TωT)っていう。…ああ、困った困った。
いや~、それにしてもお喋り上手な方が本当に羨ましい限りです。

櫂クン、翼クンとはこれが2回目の握手で
2人とも見た目はあの時よりも大人っぽくかっこよくなりましたけど
雰囲気とかお相手してくれる感じとかは
やっぱり変わってないなーって思いました。
ある意味DVDで見てるまんまというか(笑)。

仁クンは本当にトーク力がすごいですね。
=緊張しない+頭の回転がいいってことなのかもしれませんが
「こんなに話してていいんかな?」
ってぐらいどんどん話しかけてくれるから
自分みたいなタイプはものすごくありがたかったです(;^_^A

奈義クンとはこれで4回目の握手でしたが
今回も例によって何を喋っていいのかまったく思いつかず…(TωT)
かと言ってなんらかの方法で「オレやで」アピールしたところで
「わからん」言われたらもうきっと立ち直れないので
やっぱり今回も定型文のご挨拶をさせていただきましたm(_ _ )m
人によって違ったのかもしれませんけど
奈義クンの今回の握手は「手を握られた」と言うよりも
「ほわっ」と「手を包み込まれた」って感じで。
あのものすごい「ふんわり感」は逆にとっても印象に残りますね。

まず最初に「いつもしつこくイラストを送っている」
という自己紹介から入ったら、多分気付いてくれるんじゃないかな?
…というトークプランを立ててたんですが
目が合った瞬間、こちらが声を発する前に
あの肉厚なお手々で手を「ぎゅっ」と握って
「お久しぶりです!(´∀`)」と言ってくれた優人クン。
まさか見た目だけで気が付いてくれるとは思っていなかったら
もう、とにかくびっくりしてしまって
余計に何喋っていいのかわからなくなりましたけど(笑)
いや~、言うまでもなくめっさ嬉しかったですよ。
そしてやっぱりとってもいいコでした(´∀`)
去年のサイン会、行っておいて本当に良かった(ノ´▽`)ノ
去年と比べるといろんなことが力強く男っぽくなった気がします。
優人さん、あなたの記憶力を見くびっていてすみませんでしたm(_ _ )m

裕太クンは握手に関してもすでにまったく受身じゃないとこがすごい。
18歳で初対面の人とあんな風に喋れるって、持ってるコはやっぱり違うね(´∀`)
というか実物もめんこいなぁ、やっぱり( ´艸`)

夏川クンは実際にお話してみてもやっぱり腰が低かった~。
握手しながら何回頭下げられたかなってヽ(;´ω`)ノ
なんだか申し訳なくてこっちまで一緒にペコペコしちゃいたくなります。
ああいうコを「いい人」っていうんだなって彼を見る度に思ってしまうな。

杉省クンはもう手の差し出し方があまりにも丁寧で一瞬笑ってしまったんですけど
すごくインパクトがあったので、あの時の彼のキラキラお目々+笑顔が
自分でもびっくりするぐらい目に焼きついてます(´∀`)

浩太郎クンはね~、握手でもやっぱり外さないんだなって思いました(笑)。
他の方はどう感じたかわからないですけど
自分の印象だと、他のモデルさん達と違って彼だけ
褒めても褒めても受け入れられずに否定で返されるっていう。
ま、考え方を変えれば謙虚で素直ってことなんでしょうけど(´∀`)
新しいわ~。面白いわ~。
格言的お言葉を2つほどいただけて嬉しかったです(笑)。

航クンはとにかく全てが「ソフト」という感じの印象。
イメージしてたよりもお肌が白くてお顔が本当にツルツルピカピカで
さすが日頃きっちりお手入れされてるだけあるわと感心してしまいました(´∀`)
ものすごく丁寧にお話ししてくれましたが
航クン、一体何人に奈義との絡みの件をお願いされたんでしょう?
自分含め…(笑)。

KATさんとも久々に握手、お話できて良かったです。
ALMAZのライブ後だったから余計にそう感じたのか
とってもいいお顔をされていたのが印象的でした( ´艸`)

それでは全編を通して個人的に気になったことを箇条書き。

思ったよりも早めに、「ゆうと・ゆうた」揃い踏みが見れて嬉しかったです(´∀`)

即レポにも書かれてましたが、浩太郎クンがとにかくすごかった(;^_^A
一言喋るだけで絶対に笑い声がどっかどっかから上がるっていう。
やっぱりあの独特の喋り?発声?語尾?
本人は特に笑わせるつもりなんてないんですよね、当然。
でもあれだけ笑いを取れちゃうっていうことを
本人はどう思ってるのか聞いてみたいなぁ。
芸人さんから見たら羨ましくてしょうがない能力だと思うんですけど。

ジンジンは前から人一倍
「イベントやりたい」「イベントやりたい」
言ってた印象があるからか
全編通して「とにかくイベントがやりたかったんです」感と
「イベント楽しんでます」感が溢れ出まくってるように見えて
見ててかわいくてしょうがなかったな(´∀`)
思い出してみると、デビューした頃から「仁はできるコ」「仁できるコ」と
自分は褒めまくってきた気がするんですが(笑)
イベントを見ていて彼が持っているエンターティナーとしての能力、才能に
改めて心底感心させられました。

それにしても櫂クンはかわいかったなぁ~(´∀`)
WESTモデル陣の中では2番目に先輩なはずなのに
若干みんなのいじられキャラ化してましたね。
「1人ずつ立ってご挨拶して下さい」って喋らされる時のあの感じが特にヤバかった。
緊張のせいで力み過ぎて
・どうしても早口
・両肩が上がる
・マイクを持っていない左腕が「ピン」と伸びている
後ろでモデルさん達がそれ見てマネし始めちゃうぐらい特徴的で愛らしかった(´∀`)

翼は今回ずっとメガネっこで、黒縁メガネがよく似合ってました(・∀・)
ステージ上でもいつものように飄々としていてかっこよかったんですが
最初は嫌がっていた「エロ担当キャラ(?)」を開き直ったのか(笑)
受け入れて、それをネタにし始めたのがいいですね。
これからにも期待~( ´艸`)

我等がキャプテン・奈義兄さんは
もしかしたらALMAZライブの緊張が影響してたのかもしれませんが
わりとずっと大人しめだったというか…
ま、10名もいれば1人だけ目立つってこともなかなか難しいか(;^_^A
でもやっぱりALMAZライズ終了後の握手会の時が一番はっちゃけてた印象かな~?
お隣の仁と絡む絡む。本当に楽しそうにずっとずっとジャレあってましたね(´∀`)
よっぽど緊張の糸がゆるみまくったんだな~と思いながら見てました(笑)。

最後に。
モデルの皆さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
おかげさまで本当に楽しい時間を過ごすことができました。
普段、皆さんが実際にはどれだけたいへんなお仕事をこなされているのか
私達にはなかなか計り知ることはできませんが
これからも変わらず応援させていただこうと思っておりますので
よろしくお願いいたします(・∀・)


…ということで、こんな感じでとりあえず締めさせて頂きます。
ご清聴ありがとうございましたm(_ _ )m
関連記事
スポンサーサイト
[PR]