FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

HYPER CRAZY 4

COAT WEST、LUCINA作品中心の感想置き場です。現在、裕太メインに更新中。

「ザ・交渉 2 ザ・シリーズ 3」初見感想。 

「ザ・交渉」シリーズは初めて観させてもらったわけなんですが
とにかく「裏側ってこうなんだ~」っていう、驚きとか感心とか?
「あ~、このコはこの時はこんな感じでこんなこと言ってたのね~」とか?
「あ~、そういうことか~。そういう手でね~」とか?とか?
そういうとこで楽しませていただいて…いいんですよね?(;^_^A

それではまず、既にモデルさんとして頑張っているコ達のパートについて
特に印象的だったことを書いてみようと思います。

市原クン(担当・KATさん)は、「にしのワイドショー」でも触れられてましたけど
写真撮ってただけなのに元気になっちゃったっていう例のくだりは面白かったですね。
「なんでなんですかね?ヽ(;´ω`)ノ」
って本人もちょっと戸惑ってる感じがかわいくてリアル。
割と途中、警戒したり、疑ったりって場面が多かった彼も
「やる」って決めちゃえばちゃんといい感じにこなしてましたし
最終的にはフェ●されることやイかされることまでOKしちゃったわけですが
最後のやりとりが特に面白かったかも。
「気持ちよかった?」と聞かれて
「イヤ、ちょっとムリした感はありましたね」と答えた後に
「ここで気持ちいいって言ったら負けだと思うんスよね、多分(苦笑)」
って。キャラ出てるなーって思いました。
「でも気持ちよかったでしょ?」
「イヤイヤ。全然ダメです。ダメです。ダメです(苦笑)」
…なんて。この時は言ってたんですねー( ´艸`)
このパートだけ、写真撮影シーンのところで実際に撮影された写真が静止画で挟み込まれてるんですけど
それがすんごくいい写真ばかりで。
他のパートにはなぜそれがなかったんでしょうか…?残念(;^_^A

杉浦クン(担当・狂子さん)は最初はわりと言葉少なに言われたことを淡々とこなしてる感じ?
でもソフトヌードの撮影の次の段階に進むことにはやっぱりちょっと抵抗。
でも次の段階の撮影の説明の受けてる時の杉浦クン。
多分無意識だと思うんですけどね。ポーズがね。
肩からかけてるフワフワな黄色の布のせいもあるかもですけど、なんだかかわらしくて。
元々お持ちのヴィジュアルとのギャップにちょっとだけ笑ってしまいました。
というかそこのシーンはそれまでと比べるとちょっとだけ重めな感じの交渉シーンだったんですけど
バックでは女優さんの喘ぎ声(AVの)が大音量で流れてるっていうのもなかなかシュールでした。
フェ●されてる時に自分がされてることを
ずっと「ガン見」だった杉浦クンは何を思っていたんだろうな(苦笑)。
狂子さんにかなり熱烈にキスを求められて(笑)
最初は「いや、それだけは…」的な感じでかなり拒否ってて
それでも「ちょっとだけですよ」って何度も念押したわりには
結構長めに普通に舌使ったりもしてて「あら、結局?」っていう。
まぁ、そういうところが「かわいいなぁ(´∀`)」ってことになるんでしょうけど。

裕典(担当・ラードさん)は想像通り、もう最初から堂々としたもので(;^_^A
上半身ヌード撮影中の突然の
「乳毛剃っていい?(笑)」
「乳毛剃ってください(・∀・)」

のやりとりにはウケてしまいました。
前に「SAWP12」の裕典パート(このパートの担当もラードさん)の感想で
「このパートだけポップな感じ」みたいなことを書いたんですが
今回もなんとなくそんなイメージかも。
裕典は今までのイメージと大体一緒な感じかな。
最初から何に対してももんのすごくあっけらかんとしてて
もんのすごいリラックスしてて
何言われても素直に従って一切抵抗しないし
動きもラードさんに対してのタメ口も小学生みたいだし(笑)
そこら辺が他のコ達とはちょっと違ってて面白いしかわいいかな(´∀`)
でも立った状態でAV見ながらラードさんにフェ●されつつガンガン腰振ってる感じは
表情含めかなりエロかった。最初からここまでやってたのかー。
出したいのに出なくて
「なんで朝、ヌいてきたんやろー(>_<)」
って後悔したり
「すいません…」
って謝ったりもかわいかった。
1回イッたようだけど、出さなきゃいけないもん出なくて×だったので再挑戦。
2回目は成功してよかったねー(´∀`)
おまけの「騎乗位好きなんスよー(見るのは)」話も面白かった。

陽斗(担当・狂子さん)は最初はあんなに暗い色だったのね。髪。
緊張で顔が引きつりまくりなのが本当に初々しい(´∀`)
陽斗ってスタイルいいですよねー。…と、改めて言ってみました。
背ぇ高いし顔もオシリもちっちゃいし、細いんだけどガリガリじゃないし。
だから、どんなポーズしてもそれなりに様になっちゃうし、肌白いし。
…あれ?なんだか誰かさんのことを書いてるみたいになっちゃった(´∀`)
写真撮影集、イスに反対(背もたれ側に身体の正面がくるように)に座らされて
待ち時間中になにげなく親指を唇に付けてたら
狂子さんに「あ、今のかわいいな(・∀・)」って言われて
「え!コレすか?ヽ(;´ω`)ノ」ってちょっと照れながら
もう1回再現してみせてるのがかわいかったな(´∀`)
基本的に褒められるのが苦手っぽいというか
どう反応していいかわかんないって感じなのかな?
そんなイメージを持ちました。
撮影のため、ちん●んを半勃ちにさせるためにAVを観てもらう
って言われて「へぇ~、すごい~」って
狂子さんが準備中に1人でずっと笑ってるのもかわいいし
(「半勃ち」って単語がちょっとツボに入っちゃってたっぽい)
何するにも狂子さんの言葉にいちいち笑っちゃうってるのもかわいかったかな。
言われたことはちゃんと素直にやってるんですけど
とにかく終始戸惑ってる感じで、裕典と比べると「真逆」ぐらいなイメージかなぁ。
でもイク時の
「あ、出ます…」
の声とイッた後の表情がめっちゃセクシーだった~( ´艸`)

ワイルド系のコ2人と後のアイドル系のコ2人では撮影前に聞いてる話が違うのかな?
というのも反応がまっぷたつに分かれてる感じがしたので。
ワイルド系のコ達は次の段階に進むたびに戸惑いや確認みたいなのがあるんだけど
アイドル系のコ達はまったくそれがないから…ヽ(;´ω`)ノ

AV出演を頑なに拒んだのにジャケにメインで使われている5人目の彼(担当・KATさん)。
スタッフさん的にはそれだけ残念だったってことなんでしょうね(;^_^A
身体キレイだし、男性ウケはいいタイプなんだろうなーってことは感覚的にわかるかもって感じですかね。
でもああいう風に拒まれるのってわりと日常茶飯事な出来事なんですかね?
気持ちが強くないとほんとやってられないですね(苦笑)。

6人目(担当・ラードさん)。
DVDでちゃんとお顔を観た時に、なんとな~くですけど「仁に似てるな~」って思ってたら
「似てるって言われた芸能人は?」って聞かれて
「1回だけ、高岡●甫」って答えてて笑ってしまった。だよねー。
面接の時に「男同士はNG」と言っていた彼にラードさんが強行突破…って感じなんですが
「どうしてもフェ●したいスタッフ」だけあって(?)
彼のちん●ん弄ってる時のラードさんがほんとに楽しそうに見える(´∀`)
しかし、最後の量と飛び方はもんの凄かったな(*´Д`)=з
さすが1週間モノだけある(?)。

7人目(担当・狂子さん)。
あの撮影場所は初めて観た気がするんですが…どこだったんでしょ?
意外と「言ってみたらあっさりOK」な感じで
どんどんどんどん上の段階へと順調に進んでいってしまった彼。
「『男性の手で』初体験」の時の表情とかポーズとか動きとかめっさかわいかったわー。
っていうかフェ●されてあんなに声出してるコ、初めて観たかも。
フェ●され中だけAV女優さんと入れ替わってる?並にすごい(笑)。
トロンとした目+常にニコニコな感じで狂子さんの話に素直に
「はい…」「はい…」答えちゃってる感じもかわいいし
あんな感じずっと見てたらそりゃ要求もエスカレートしちゃうよねーって思いました。
狂子さんのをパンツの上から触らせた時も
全然抵抗ない感じで笑顔で「硬い…(´∀`)」とか言いながら楽しそうに触ってるし
生で触らせるときも率先して自分でパンツ下ろしてあげてるし
お互いに扱き合ってる時の表情も色っぽいし
フェ●もなんの抵抗もなくやっちゃうし
耳や首筋舐められても、ちゅーしてても声出ちゃってるし
顔にかけられちゃっても抵抗しないどころか口開けてるし(笑)
ほんとすごいとしか言いようがありませんでした…ヽ(;´ω`)ノ
最初からやれちゃうコはほんとにやれちゃうんだなぁ(?)なんてマジで感心してしまった。
いや~、しかしほんとにいろんなコがいるもんだ。
自分はこういうコの方が好きだけど(´∀`)
エロ的な意味ではこのパートが1番面白かったですー(笑)。

8人目(担当・狂子さん)。
個人的には右側の髪も左と同じように切った方が数倍いいのに思ってしまった彼なんですが(;^_^A
このコは段階が上がるたびに一応戸惑いは見せつつ、結局押し切られちゃうタイプ?
でも最後の方はもうなんでも「あっさり」って感じでしたけどね(苦笑)。
結局フルコース(?)やっちゃったわけですが
自分的にはあんましピンとこなかった…かな(;^_^A
っていうのは前のパートのレビューとの温度差でわかっていただけると思うんですがヽ(;´ω`)ノ
う~ん、なんだろう。ものすごく単純に言っちゃえばエロさを感じなかった。
しかし初めてオシリにちん●ん挿れられてもあそこまで無反応でいられるもんなんですね。びっくり。
ちゃんと掘られイキしてたのも、イカせてあげてたのも(笑)スゴイとは思いましたが
エンターテイメント的に「無反応」はどうなのかしら?(;^_^A

ずっと観てるとみんな結局
「あの状況だとなかなか抗えないんだなぁ」とか
「口では何言ってても身体はやっぱり素直なのね」とか
すごく実感してしまいますね(苦笑)。
しかし、撮影スタッフさんってこういうテクニックも必要なんだよな~…って。
改めて大変なお仕事だなぁと思ってしまいましたよ(;^_^A
そういえば、この作品に限らずですけど
映像内で狂子さんがモデルさんと○○したり××したりしてるのを観てると(笑)
狂子さんの動きが色っぽいな~と感じるようなことが多々あって
その辺の演者側としての「魅せ方」みたいなものもちゃんと心得てらっしゃるんだなぁ
といつも感心したりしてます(´∀`)

最後に…メニュー画面に使われてる曲がかっこよくて好きだわ(´∀`)

スポンサーサイト
[PR]