FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

HYPER CRAZY 4

COAT WEST、LUCINA作品中心の感想置き場です。現在、裕太メインに更新中。

「THE BUDDY YUTA & KAZUTO 2」「Jump! YUH」発売決定。 

「THE BUDDY YUTA & KAZUTO 2」

まさかの第2弾発売ということで
自分が全世界で1番驚いたという自信があります(笑)。
まさに「聞いてないよぉ〜」状態。

去年「今の売上げのままでは続編制作はムリ」というお話を聞き
女性の購入に期待して「DVD JUNE」の付録にサンプルムービーを収録してもらうも
自分はほぼ手応えを感じられす…という感じで
それでも必死に布教活動は続けていましたが
続編は正直なところ9割諦めてたんですよね。

そこへ来てのいきなりの

第2弾出ちゃいます!

だったので、今年1番の驚きを経験したような気分です(;^_^A

でも良かった。本当に良かった。
どうしても、どんな形でもいいからもう1度2人には共演の機会をあげたかったから。
だって、ヴィジュアル、キャラ、テクニック、センス、エロさ、面白さ、勘の良さ…
全てにおいてこのコンビに勝るコンビはいないもの。

もう時効だと思うのでまた少しだけ裏話の追加をします(笑)。
「THE BUDDY YUTA & KAZUTO」第1弾制作前に
狂子さんから「今度、裕太・一翔だけで1作品作ろうと思ってるんですけど」
という相談を受けた、というお話は以前にもしたんですが
その時に実は「大きく分けて2つの企画を考えていて」というお話も聞いていて。
1つはデートとエッチを繰り返すパターン。
もう1つは一定期間、2人に同棲してもらうパターン。

と、お聞きして
「ど、同棲してもらうなんてことが可能なんですか?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ」
と、その時も本当にビックリして。ビックリしすぎて本気で
「これって夢なのかな?」ってわけわかんなくなったんですけど(笑)。

で、その時はまだどっちの案で行くかはっきり決めてないってことだったので
(結果、第1弾は1つ目の企画が採用されたってことですね)
一応、同棲企画ベースで、デートも織り込む形で
4パートを想定して、1パート目はこういう感じにするのはどうですか?という大体の流れとか
ポイント的にやってみて欲しいことなんかを結構細かに
思いつく限り端から文章にして狂子さんにメールさせていただいたんですよね。
だってこんなチャンス一生に1度かもしれないじゃないですか(笑)。

、「THE BUDDY YUTA & KAZUTO」第1弾の方にも
メールでお願いしたことの中から結構たくさんの案を取り入れてもらってたんですけど
第2弾の方も、紹介文を読ませてもらっただけでも
これも、これも、これも…
やって欲しいってお願いしたことばっかだー!

ってなってて泣きそうです…。

これも「今だから」話せる話ですけど…
第1弾が発売されてしばらく経って、このままじゃ第2弾は無理かもって聞いた後も
「もし第2弾が作れたら同棲企画が実現できるかもしれないのに!」
という思いもあったからなんですよ。
1人でいつまでも本当に必死こいて宣伝活動を頑張れたのは(笑)。

もう、裕太の写真がジャケ写にメインで使われることなんて
引退作までないんじゃないかと思いかけていたので
(=単体作品やWメイン作品はもう出ることがない)
そんなところでも感動できましたね(苦笑)。

今作は前作の逆光のシルエットぎみの写真と違って
明るいお部屋でしっかり順光で撮られた写真が使われていて
前作は青系でまとめられていたカラーも赤系になって
より女性に好まれそうな感じになってますね(?)。
ただ、今回はほぼただ抱き合ってるだけな感じの写真なので
キス寸前な前作よりもぱっと見のラブ度は落ちるかな?って感じはしますけど
でもよーく見ると一翔が裕太のおデコにキスしてる感じに見えるんですよね…。
目線入ってるだけでほんとにいろいろわかりづらいくて断言はできないんですが。
でももしそうだったらかなりかわいいイメージ?
それにしてもタイトルの帯で隠れ気味な裕太の太腿が…( ´艸`)

まだジャケット写真と紹介文しか公開されていませんが
とりあえず今の段階でも言いたいことがありすぎて
黙ってるなんて無理なので(笑)
紹介文に細かく突っ込み(?)入れさせていただきます。

=============================================

ハイスペック・ハイクオリティーな最強コンビが遂に帰ってきた!!

「ハイスペック・ハイクオリティーな最強コンビ」
まさにその通り。なんていい響きなんでしょう。

その完成度の高い内容が口コミで広がり、ジワジワと売上げを伸ばし、
遂に追加増産までされた第一弾『THE BUDDY YUTA & KAZUTO』
事前の予想をはるかに上回る『THE BUDDY YUTA & KAZUTO』の
ヒットを受け第二弾の制作が決定!!


聞いてた話と違う…(笑)。
でも自分が最後に「第2弾はちょっと難しいかも」というお話を聞いたのは
去年のちょうど今頃だったので、それ以降に予想以上の動きがあったのか
まさか「追加増産」されるほどになっていたとは本当に驚きで。
でもそのぐらいDVD版が売れてて、毎日マメにチェックしてるCK DLの方でも
たまーにでもちょこちょこDLされてるから、トータルすれば自分が思っているよりは
期待できる結果が出たって事なのかなぁ…?

今回、裕太と一翔が挑む企画は7日間の同棲生活!!

いやったぁぁぁー!

キッチンFUCKや掘り合いFUCK、
スタッフの居ぬ間に行われた完全密室でのハメ撮りや
ヌき合い相互フェラ奉仕など充実のエロに加え、


女性に人気の「キッチンで…」がまた入ってますよ!(笑)
そしてとうとう念願の…念願の…完全密室ハメ撮りキター!

二人の素顔に迫るデートや自撮りなども収録時間の許す限り収録!!

自分が知ってる範囲で「自撮り映像」が入ってる作品って意外と少ないし
どんな感じになってるのか楽しみです。

アナルSEX3パートを含む全4パート3時間10分!!

今回もDVDに収録できるギリギリの時間まで詰め込んでいただきありがとうございます(笑)。

<1パート目>
1週間の同棲生活を行う新スタジオに招集された裕太と一翔。
企画説明を終え、早々に引きあげてしまうスタッフ。


この「新スタジオ」とはこの作品で初登場するスタジオなんですかね…?
「早々に引きあげてしまうスタッフ」が、もし狂子さんなら
情景が目に浮かぶようですが(笑)違うかな?

初日からいきなり二人きりになった裕太と一翔…
何を撮影して良いのか悩む二人だが…
二人きりの密室でのハメ撮りFUCK!!


密室でのハメ撮りはモチのロンで超楽しみなんですけど
そこに行き着くまでの「悩む二人」のシーンもめちゃくちゃ楽しみですね。
どういう流れで密室ハメ撮りに持ち込んでいるのか…っていう。

そこにはスタッフからの指示や台本は一切なくて
完全に全て任された素の2人が自分の言葉でやりとりし合っているわけで…
リアルな「同性カップル(友達以上、恋人未満)がエッチに持ち込む様子」
的なものが観られちゃうってこと?
なんて、期待はどんどん膨らんでしまいますね(笑)。

裕太のアナルをベロベロ舐めまわす一翔!!

裕太がアナルを舐めまわされたのは、確か「TRAP HOLE」ぶり。
モデルに舐められるのはもっと久々で健太以来!(笑)
裕太の「アナル舐め(される方)」は、もう本当に見たくて見たくて仕方がなかったので
今回、一翔にしてもらってるっていうのもめちゃくちゃ嬉しくて。

「アナル舐め」って普通に考えればなかなかやれないハードル高めの行為なので
(ゲイの方ならともかく、「ノンケの男がノンケの男の」っていう点でも)
「それをしてもらってる」ってだけで自分は
「かなり特別なこと」って意識が高いんですよね。
だからやっぱり嬉しくなります(笑)。

バイブ責めによがる裕太に一翔が興奮して自然勃起!!

裕太ってもモデル歴長いわりに道具類を使われてる絡みって意外と少ないので楽しみです。
それにしても「相手にチンコ以外のところに何かされて興奮して自然勃起」じゃなくて
「相手に自分が何かしてて興奮して自然勃起」って一翔、ポイント高いです(笑)。

バイブを突っ込まれたケツを突きだしながら裕太がフェラ奉仕!!

あのキレイなオシリに突っ込まれたままのバイブ…素敵。
「Shoma Final」の自分のオシリに指入れながらのフェラも良かったけど
バイブ突っ込まれたままのフェラもいいな。
「挿れられながらの奉仕」って…いいですよね。
(さっきからずっと何言ってんの?)

一翔のガン掘りに、裕太が思わず「久々の一翔のチンポ気持ちいい!!」

「久々の」みたいな、こういう「何度か共演経験があるからこそできる発言」っていいですね。
今は特に貴重だからほんと嬉しい。
ただ、裕太が「チンポ」って言い方したの?って変なとこが気になって。
いつもなら「チンコ」なんだけど…(笑)。

掘られイキした裕太のケツ目がけて一翔も激発射!!

一翔の発射の勢いと量はまさに「激発射」って感じなので
この表現のし方に妙に納得。
また裕太がすごいかけられ方してんのかと思うとほんと楽しみ(笑)。

<2パート目>
裕太が一翔を寝起きドッキリ!?
一翔の朝勃ちチンコに悪戯するも起きない一翔。


うわー…2人の朝の様子とか…それだけで嬉しい。(結局なんでも嬉しい)
今は1泊の旅物も制作はなかなか難しそうですし、貴重なシーンになりそうですね。
それにしても「朝勃ちチンコに悪戯」ってどんな悪戯…(笑)。

諦めた裕太がシャワーを浴びていると…
朝勃ちチンコそのままに一翔がハンディカメラ片手に乱入!!


「朝勃ちチンコそのままに一翔がハンディカメラ片手に乱入」
って姿を想像するだけで面白くて顔がニヤニヤしてしまう(笑)。

一翔の硬マラを咥えながらオナニーをするエロ裕太!!

「相手に奉仕しながら自分も気持ち良くなろうとしている姿」
っていうのもエロの鉄板ですよね。

裕太をイかせた一翔が口内射精をしたいとおねだり!!
一翔の飛距離抜群の豪快ザーメンを口で、喉で受け止める裕太!!


裕太が口内射精されるのは「Jump! YUTA 3(2012年)」の4Pパート以来なんですよ?
ご存知でした?(笑)
でもあの時はゴーグルマンの発射がイマイチで、画的にはそこまで
「口内発射されました」って感じではなかったんですけどね。
(見た目的には「口にちょっと入ってしまった」ぐらいな感じ)

でも今回は「一翔の飛距離抜群の豪快ザーメン」を
「口」だけでなく「喉」でまで受け止めている、と
強調されてるってぐらいなので、かなりすごそうですけど(苦笑)
デビュー以来、久々に口内発射される相手が一翔でよかったね。

一発抜いてすっきりした後はドライブ&デート!!

今回はどこまでデートに行ったんでしょうね?
大阪の有名なデートスポットは前回いくつか巡ってしまいましたが…。

今回のドライバーは裕太!!

前回は一翔がドライバーだったので、助手席の裕太がちょっかい出してましたけど
今回はどうなってるんでしょうかね。

ハンディカメラ片手に子供のように、はしゃぐ二人は必見!!

「必見!! 」ってあえて書かれてるってことは
可愛さや面白さに期待して良さそうですね♪

<3パート目>
裕太と一翔が料理に挑戦!!


お、今回は共同作業なるか?

のはずが、開始早々「飽きてきた」と

いつものやつ?(笑)

裕太の体をまさぐり出す一翔!!

一翔って手も大きいから「まさぐり」も見応えがあります。

何とか料理を続けようとする裕太だが、一翔に服を脱がされて…

「料理しながら服脱がされる」って状態
自分はあまり観た記憶がないんですけど…
想像しただけでエロっ。

フル勃起した一翔が「挿れさせてよ」とお願いするも

裕太に悪戯(?)してたらフル勃起しちゃったから
「挿れさせてよ」ってお願いしたのに断られる一翔…。
エロすぎる。可愛すぎる。

今日は自分が挿れると裕太が一翔のアナルを舌&指責め!!

今度は裕太がアナルを責める番?
確か「Smart25」以来だったかな。責める側は。

調理台の上で裕太にガン掘りされて喘ぐ一翔!!

正直にいうと、この設定はタチウケ逆で見たかった(笑)。

立ちバックで掘られイキした一翔のケツに裕太も激発射!!

裕太の「激発射」は、男相手の絡みではほぼ記憶にないので(おい)
ここではどれだけ頑張れてるのか楽しみです。
一般的に言われている説として、発射の時に勢い良く飛ぶ時は
「性的に興奮している時」らしいですね。

裕太の精子まみれになる一翔のプリケツ!!

前回は顔が裕太の精子まみれになりましたね…。

一発抜いてスッキリした二人が再び料理に挑戦!!

ノリが軽い(笑)。

果たしてその出来は…!?

2人で何を作ったんでしょうね?
前回は完全に裕太のオリジナル料理でしたが。

また、エロ撮影がなかった日の二人の様子も収録!!

7日間の同棲生活の中でエロ撮影は4回だから
1日1回エロ撮影だとしたら3日はエロ撮影なしですもんね。

酔っぱらって帰ってきた一翔に絡まれ困る裕太は必見!!

これ、めちゃくちゃ楽しみなんですけどー!
これも「必見!! 」って書いてあるし(笑)。
裕太が困ってるとこって一翔が相手の時以外なかなか見れないし。

<4パート目>
最終日、最後のカラミを前に「泣きそうになってきた」と裕太。


そっか…、想像しただけでこっちももう泣きそう…。
第1弾の最後のシーンでも
一翔に「最後のキスしよう」って言われて抵抗してましたもんね…。

1週間の同棲生活を経た二人が濃厚FUCK!!

最後の絡みは他パートみたいないろんなオプションなしで
とにかく濃厚な絡みを見せたいって感じなのかな?
紹介文も短めでスッキリ…。

残り時間を惜しむように何度もフェラをし合う二人!!

「何度もフェラ」という状態が今のところは想像しにくいんですが
「残り時間を惜しむように」は最高ですね。

裕太のガン掘りで勃起する一翔!!

一翔って勃ちやすいところもステキ。

一翔のガン掘りでイきそうになるも、寸止めされて悶える裕太は
そのまま我慢できずに掘られイキ!!


裕太が寸止めされるのって珍しい。レアですね。
第1弾の4パート目の掘られイキの時は「寸止め」とまではいかなかったですけど
イクの我慢させられて「イカせてください」って言わされたりして
すごくいいシーンになっていたので、寸止めされて悶える裕太も楽しみ。

こういうシーンって新人さんとの絡みではほぼ100%出くわすことがないから
(する側はあったとしても、される側はない)
ベテランモデルも新人さんの相手役ばかりではなくて
ベテランモデル相手に絡んで欲しいですね。たまには。

掘られイキした裕太をガン掘りし、掘りイキする一翔!!

一翔って掘りイキできるところもステキ。

撮影終了後の打ち上げの様子も収録!!
シャンパン片手に思い出語りをする裕太と一翔!!


今回は「にしのワイドショー(狂子の部屋)」はたぶん制作されないと思うんですけど
ナビゲーターなしで完全に2人きりで思い出語りしてるんですかね?
アルコールが入って素面の時よりはちょっと羽目はずしてくれてたりなんかしたら嬉しいですね。
そしたらちょっとは終わっちゃう寂しさも紛れるかもしれないし(苦笑)。

==================================================

それにしても…こうやって紹介文を読んだ限りだと
一翔は今回も裕太に欲情しまくりですね(笑)。
第1弾もどちらかといえば一翔の方が積極的で
エロも一翔発進で始まることがほとんどで
どこまでが本人の意思なのかはわからないですけど
裕太ファンとしては嬉しい限りです。

これは完全に個人的な印象なんですけど…
裕太と一翔。どちらかというと「好きオーラ」を出してるのは
前からずっと裕太の方な気がするんですよ。
でもその気持ちを素直にわかりやすく表現するのが苦手なのか
それとも恥ずかしいからしたくないのか…って感じに見えるんです。
で、一翔の方がそんな裕太の気持ちを上回る包容力と大きな体で
いつも裕太を包み込んでくれてる。
それがこの2人のイメージ。…かな?

「Jump! YUH」

もしかしたら裕太はもう「Jump!」も新人教育も卒業…?
なんて、勝手に薄っすら思いかけてたんですが
そうじゃなかったみたいですね(苦笑)。

一時期集中して裕太が新人の相手役ばかりやっていた頃は
「新人の相手役はもういいからもうちょっと撮影慣れしたコとの絡みを見せてくれ~」
と、思ってしまったものなんですが
もし突然「デビューしたての新人との絡み(初●●の相手)」が
一切なくなってしまったら…
と、ふと思ったら
それはそれでちょっと寂しいなと思い始めて…
本当に勝手だなとは思いましたけどね(苦笑)。

でも相手役が「新人続き」とか「引退モデル続き」とか(苦笑)
これほど極端に偏っていなかったら
そんな風には感じなかったはずなんですよね…(;^_^A

で、今回は武人以来(10ヶ月ぶり)の
新人さん初タチパートの相手役ということで
ちょっとだけ安心しました(笑)。

自分が裕太と新人さん相手の絡みをイマイチだと感じてしまう1番の理由は
やはり「物足りなさを感じてしまうから(裕太がウケ役だと尚更)なので
悠×裕太パートの紹介文の

・裕太の反応を確かめながら「脱がしてみていいですか?」と積極的に前戯をする

・フェラ奉仕中も裕太の顔をガン見

・初のアナル挿入では初体験とは思えない積極さで、バックで裕太を突きながら背中を舐め上げる余裕も


を読んで、いつもよりはちょっとだけ期待してしまっています(笑)。
バック中に背中を舐められてる裕太、大好物なんですけど
今まではなかなか観られる機会がなかったので特に楽しみです♪

いつものように相手役の新人さんのことはまったく観たことがないので
悠のこともよく知りませんが180センチの高身長
「エロの最中でも崩れない育ちの良さを感じさせる丁寧な口調」
って辺りが裕太とどういう化学反応を起こすかな?って感じで楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

Comment

Add your comment