FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

HYPER CRAZY 4

COAT WEST、LUCINA作品中心の感想置き場です。現在、裕太メインに更新中。

感想というか印象?CK DL「『THE BUDDY YUTA & KAZUTO』未公開シーン」 

配信前は普通に「早く観たいなー♪」と楽しみにしてたんですけど
いざ、本当に配信開始になってみたら、徐々に
「ああ、これで本当に終わりなんだな」みたいな淋しい気持ちがどんどん増してきて
動画観ながら大笑いしててもやっぱりどこかに淋しい気持ちがあって
観終わってからは本当に涙が出るぐらい悲しくなってきてしまって…
って打ってる今もなんだか涙が止まらなくて(笑)
あーあ、もう本当に年は取りたくないですね(?)。
とりあえず1、2日したら落ち着くとは思うんですけど(;^_^A

それにしても…なんなんですかね?(笑)
自分でも初めての経験なんでよくわかんないんですけど
(別に2人のどっちがが引退するとかでもなんでもないのに(苦笑))
それだけ思い入れが強いってことなんですかね。

…というわけで前置きが長くなりましたが
「『THE BUDDY YUTA & KAZUTO』未公開シーン」
https://www.ck-download.com/goods/7501/
の感想というか印象を簡単に。
内容紹介含めた感想はまたいずれ…。

自分の印象としては、本編に収録されているデート部分よりも
内容は濃かった気がしますね。
特に食堂とか、車内とか2人きりでじっくり話しこんでる部分が。
基本的には裕太が話を振って(質問して)
それに一翔が答えて、それを受けて裕太が喋る、みたいな流れでしたけどね。

未公開部分の裕太を見ていると
本編でも十分そんな感じだったんですけど
よりとにかく一翔のことが大好きなんだなってことが
ストレートに伝わって来るのでこっちが照れてしまうんですよね(笑)。

これはもしかしたら自分の勝手な思い込みかもしれないですけど…
男のコが男友達と接する時って
どんなに相手が「友達として」という感じの意味で
「好きだな」と思ったり「かっこいいな」と思ったりしたとしても
そういうのがそのままはっきり伝わってしまうと恥ずかしいから
ストレートにはなかなか言わないでしょうし
どっちかと言うと隠そうとしません?
(相手が年上とか先輩とかだったらちょっと違いますが)
そういうのが一翔に対しては全然ない感じなんですよね。裕太って。
もしかしたら彼は仲良くなった同性のコに対しては
誰に対してもああいう感じなのか…それは確かめようもないですけど
少なくともモデルさんに対してあそこまで
「心、開いてるなー」と感じたのは初めてですし
行動にしても言動にしても「一翔、好き!かっこいい!オーラ」ダダ漏れみたいな状態だし
もう、フツーに肩にもたれかかってたり、フツーに体触ってたり
なんかもうその素直な感じが観ててとにかくかわいくてしょうがなくて(笑)。
一翔もそういう裕太を突っぱねるみたいなことは一切することがなくて
本当に全部受け止めてベストな返しをしてくれるから
これもまた観ていて楽しくてしょうがないんですよね。
裕太がああいう感じだからこそ一翔もそんな感じにできるし
一翔がそんな感じだから裕太もそんな感じにできる。みたいな。
まさに「相乗効果」というヤツなんでしょうけど
本当にこの楽しさをできるだけたくさんの人に味わって欲しいなぁと。心から思います。
あらゆる意味で、もうこんな素晴らしいコンビも
なかなか現われることもないでしょうから。

話はちょっと変わりますが。
自分はゲイビにどっぷり浸かるまでは
実在する某グループをモデルにした
いわゆる「生モノ同人作家」というヤツをやってたんですよね(苦笑)。
18禁小説+イラスト本みたいなのを何年間か作ってました。
制作物に関して、2次元同人も基本は一緒だとは思うんですが
自分は3次元の実在する人物を扱っている方が
登場人物の元々のキャラ、性格などなどを改変した表現は「より許されない」と思っていて
読んでくれた方に「このコは絶対こんなこと言わない」「絶対こんなことしない」
みたいなことを、いかに感じさせずに本来はノンケの男のコ同士をそういう方向に持っていけるか。
みたいなことにとにかくこだわってたんですよね。

そのこだわりは未だに残っていて、今はあくまで「脳内で」ですけど
お気に入りのゲイビモデルくん同士が「素」の状態でそういうことになるまでの
もしくはその先までの(笑)シチュエーションやらストーリーやらを考えて遊ぶことが
日課のようなものになってるんですけど
以前もお話した通り、今はもっぱら一翔×裕太CPでそれをしていることが多くて(笑)。
で、「THE BUDDY YUTA & KAZUTO」を観てみた感じだと
本編には「まさにそれ」みたいなシーンは特には出てこないんですが
多分、基本的にはきっかけを作る「誘う側」は裕太の方かな?
と自分は判断したので、それを基本にいろいろ考えてたんですけど
今回の未公開シーンを観てみたら、本編には特に出てこなかった
まさに「裕太が一翔を何かに誘っているシーン」が笑っちゃうぐらい何度も出てきていて(苦笑)。
もうほんとに「あ、こんな軽い感じで誘っちゃうんだ」って。清々しいぐらいです。
いきなり海外旅行誘ってみたり、紅葉見に行こうって誘ってみたり、高級料理食べに行こうって誘ってみたり
しまいには自分の部屋に泊まりに来て(リアルな話(笑))って想像を遥かに上回る発言まで飛び出して
本当にありがたかったです(?)。
でもほんと口約束だけじゃなくて
実際にプライベートでも一緒に遊ぶぐらい仲良くなってくれたら
自分も嬉しいですけどね。あ、邪な意味でなく(笑)。

でもゲイビモデルくん同士って「友達」とは絶対に違いますもんね。
普通だったら体の関係なんて絶対にないですもんね。
友達同士だったら。しかも同性同士だったら。
まさに「友達以上、恋人未満」みたいな
もしなんらかのちょっと特別な感情が生まれたとしても
それはそんなにおかしくはない話だとは思うんですけどね。
真面目な話。

そうそう、2人の会話を聞いていて自分がびっくりしたのは
裕太がかっこいいと思っている男性芸能人が「Jump!YUTA2」のデートパートで
話していた人と変わっていなかったこと(笑)。
今はもう表舞台では殆んど見られなくなっちゃった人なのに
未だに好きって言えるってことはほんとに憧れの人なんだなーと思って。
一途なんですね(?)。

そういえば、CK DL上でしか使われていない、この動画のタイトル用の画像。
見た瞬間に「この写真めちゃめちゃいいじゃーん!」と思って
(裕太がうつ伏せで寝ていて、隣に寝そべってる一翔が裕太の肩に手を乗せてる写真)
てっきり動画本編にもこの画像が出てくるもんだと勝手に思い込んでしまって
動画観終わってこれもまた泣けてきたという。
(※その画像は動画には出てこなかった、という意味です(笑))
目線なし状態…ちゃんと見たかった…めちゃくちゃ悲しい…。
見た瞬間「これ、絶対描きたーい!」と思ったのに…(T_T)
狂子さんにリクエストしようかなーと思ったんですけど
このままの画像じゃアメブロ的にはムリですよね…(;^_^A
前々から思ってましたけど、なんでよりによってエロ禁止のアメブロで
始めちゃったんでしょうね、コトブロ…(苦笑)。
一番気軽に扱えるシステムだからなんですかねぇ。



↓DVD版はコチラから。(CLUB CK)
https://www.coat.co.jp/products/detail.php?product_id=2208

↓本編配信版、未公開オフショットはコチラから。(CK DOWN LOAD)
CLUB CK DOWNLOAD
 

「THE BUDDY YUTA & KAZUTO」全体の感想はコチラ。↓
速報的感想「THE BUDDY YUTA & KAZUTO」。(全体の初見感想)
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-entry-1663.html

・1パート目(ラウンドワンでゲーム、裕太×一翔)詳細
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-205.html

・2パート目(天保山デート、野外フェラ、階段踊り場で同時発射)詳細
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-206.html

・3パート目(裕太の手料理、一翔×裕太)詳細
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-207.html

・4パート目(動物園デート、泡風呂、一翔×裕太×一翔)詳細
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-208.html

・未公開オフショット
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-209.html

・にしのワイドショーSP2015 狂子の部屋(ゲスト・裕太、一翔)
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-210.html

・その他(発売前記事、イラスト、小ネタなど)
http://luxereview3.blog43.fc2.com/blog-category-211.html

あなたの「拍手」クリックが、管理人に「やる気」を与えてくれます(`・ω・´)ゞ

関連記事
スポンサーサイト
[PR]